洋食の資格の種類

皆さんは、洋食がお好きですか?お店だけでなく家でも食べられますが、お店で出されるものとは差があり、案外難しい料理です。今では日本人の国民食となりつつあり、食事の一部となっています。
そんな洋食ですが、まだまだどのような資格があるのか知らない方も多いのではないでしょうか。特におすすめなのが、洋食エキスパートと健康西洋料理インストラクターです。もちろん、他にもいくつか資格はありますが、まずはおすすめの資格について紹介します。

 

洋食のプロになりたいなら、洋食エキスパート
こちらは、洋食に携わりたい方に特におすすめの資格です。初心者でも洋食のプロフェッショナルになれる資格です。
日本安全食料料理協会が主催する資格で、洋食を基礎から学ぶ事が出来る民間の資格です。洋食のソースの作り方、レシピ、包丁や鍋の他にもフライパンの使い方、洋食の下準備、焼く、煮込む、揚げる、仕上げなどの料理工程全般の知識を要する資格です。
洋食に関する全知識を網羅出来るので、洋食について学びたいという方にはおすすめの資格です。この資格を勉強すれば道具の事にも詳しくなれるので洋食がもっと作りやすくなります。また、作り方も学べるのでより美味しい本格的な洋食を作るのに役立つでしょう。ご自宅でもお店で出てくるような料理が作れるようになるかもしれません。

 

健康についても学びたいなら、健康西洋料理インストラクター
昨今は健康ブームです。こちらは洋食の基礎だけでなく健康についても詳しくなれる一石二鳥の資格となっています。
洋食は美味しいですが、何となく和食に比べるとカロリーが高いイメージです。
しかし、こちらの資格を持っていれば健康についても詳しくなれるので、気兼ねなく洋食を食べることができます。ここでは洋食に多用される魚、野菜、バター、チーズ、塩、小麦粉、ハーブなどの食品の知識から学べるので、食材に合った調理方法を見出す事が出来ます。家族の健康を守るのにも役に立ちますね。
また、洋食の基本レシピであるオムライスやハンバーグなどの作り方を始め、ブイヨンソースやデミグラスソースの作り方、洋食マナーについてなども学べるので洋食の基礎知識を皆に指導する事が出来るインストラクター資格となっています。
インストラクターたる者、食材についても詳しくなければ洋食を語れませんので、基礎から学べるこの資格はとてもおすすめです。

 

マナーを学びたいなら、西洋料理テーブルマナー認定講師
少し高い洋食レストランに行く時マナーについて心配になる方、多いのではないでしょうか。しかし、マナーを知らず恥をかく訳にはいきません。大人としてそんな時に備え日頃からテーブルマナーを学んでおけるのがこの資格です。この資格ではテーブルマナーを身に付けるだけではなく、テーブルマナーの歴史から学ぶ事が出来るので、ちょっとした雑学も身に付ける事が出来るでしょう。
元々テーブルマナーについて広く知ってもらうための資格ですので、マナーも身に付け、より料理を美味しくいただく事の出来る資格となっています。
せっかくの料理もテーブルマナーがぐだぐだでは美味しく頂けませんから自分のマナー力の腕試しに受けてみると面白いかもしれません。食事の際に美しいテーブルマナーだけでなく、歴史までさり気なく語れたらとても格好良いでしょう。

 

調理のプロになりたいなら、調理師
食の資格として真っ先に思い付くのがこちらの資格でしょう。調理師は、言わずと知れた調理のプロで日本の国家資格となっています。こちらは、洋食に限定されている資格ではありませんが、食の基本の資格です。
持っていれば仕事だけでなく普段の食事にも生かす事が出来ると思います。
調理師養成の専門学校は全国各地にあり、人気の職種でもあります。一部の専門学校では、西洋料理コースを設けている学校もあります。西洋料理コースの課題として、ふわふわとろとろのオムレツを真っ先に練習するとの事です。それだけ洋食の基本という事ですね。それが出来なければ洋食のプロとは、いえないのでしょう。素人にはとても難しい話です。

 

撮影のプロになりたいなら、フードスタイリスト
せっかく美味しい食事でも綺麗に撮影しなければ美味しい物も不味く見えてしまう事がありますよね。芸能人にもプロのスタイリストが付くように料理にもプロのスタイリストがいます。それがこのフードスタイリストです
調理師同様、洋食限定ではありませんが、料理を美味しく撮影する事が出来る資格ですから学んでおいて損は無いと思います。
カタログやテレビ撮影、動画撮影時にいかに料理を美味しく見せるかが学べる資格となっています。テーブルクロスを始め、食器やテーブルに飾る小物についても詳しくなれる資格です。料理以外にも美的センスが問われる資格ですので、普段から料理の勉強だけではなく、インテリアや空間などの勉強も必要になるでしょう。その分活躍出来る機会も多岐に渡ります。

洋食資格のメリット

これだけ国民食となりつつある洋食ですが、詳しく語れる方はまだまだ少ないのではないでしょうか?飲食業界は人手不足が騒がれていますし、資格を取得すれば洋食のプロになれ、職場でのキャリアアップにも繋がるでしょう。挑戦してみる価値は有ります。

 

洋食のプロフェッショナルになろう

日本は洋食好きな人が多く、お店でも家でもよく食べていますが、そこまで詳しい人はいないでしょう。だからこそ活躍出来るチャンスです。特に洋食エキスパートと健康西洋料理インストラクターは洋食を基礎から学べる資格ですので、仕事だけでなく普段の食事にも活かす事が出来るでしょう。この二つの資格は洋食を提供している場ならどこでも活かす事が出来ます。最近は、洋食レストランも多いですから活躍の場も多いと思います。特に高級洋食レストランでは、お客様に洋食についてお話する機会もあると思いますから、資格を持っていればお店の顔になれるでしょう。

また、雑学も知っていると役立つ事も多いと思います。普段の食事の延長線上で学ぶ事が出来、どちらも民間資格なので取得難易度も難しくありません。ちょっとした知識が日々に変化をもたらしてくれます。

 

調理・撮影全てをマスター

勿論上記の資格だけでも充分洋食のプロフェッショナルになれますが、プラスで調理技術と撮影技術を持っていれば非常に役立つと思います。洋食限定ではありませんが食全般には通ずるものも多いですし、知っていて損は無いでしょう。特に最近は外食時に写真を撮る人が増えています。美味しくて見映えの良いものをこぞって求めているのでしょう。その為、美味しく食事を撮るコツを知っているだけでも充分役に立つでしょう。

また、フードスタイリストは小物使いやテーブルクロスについても詳しくなれる為、インテリアや空間デザインについても学ぶ事が出来るでしょう。ちょっとした小物使いを学ぶだけでも普段の食卓が一段と素敵なものになります。少しでも楽しい気分で食事ができるといいですよね。

食事は、家族の団欒でありエネルギーの源ですから洋食に合ったテーブルや雰囲気にするだけでも気分が爽やかになります。何気ない小物が一つあるだけでもテーブルの印象は変わるので、非常に大切です。

洋食以外にも知識を身に付けることができるので、洋食業界以外でも活躍出来そうです。何より自分の作った食事を美味しく撮れるのも良いでしょう。

しかし、どんなに綺麗に映しても料理その物が美味しそうに映らなければ意味が有りません。美味しそうに料理を映すには、やはり調理技術も必要です。ふわふわとろとろオムレツとただの代わり映えの無いオムレツでは、全く印象が異なります。

また、洋食レストランで働く場合には、調理師の資格を持っていた方が良いでしょう。無くても働く事は出来ますが、基礎を学校で学ぶのと学ばないのとでは全くスタートラインが異なります。もちろん、腕前次第では調理師の資格が無くても美味しい洋食を作り出す事は出来ますが、何事も基礎が上手くいかなければその後に進めないので、とりあえず取得した方が無難です。調理師は人手不足が深刻ですから持っているだけで就職の門戸がかなり広がるでしょう。

また、最近では自宅でも洋食を当たり前のように食べる時代です。普段の食卓でちょっと手の込んだ洋食を作るだけでも家族から喜ばれるでしょう。食事は、普段の日常生活に密接に関わっていますから+αで何か出来るかどうかで大変楽しみ方が変わってきます。毎日食べるからこそ飽きないような工夫が必要です。その為にはやはり調理技術は必須ですね。

 

マナーも身につければ完璧!

マナーは仕事のみならず、プライベートでも知っておいて損はありません。特に洋食のテーブルマナーと聞くと難しいイメージを持っていますし詳しく説明出来る人は、少ないのが現状だと思います。

しかし、せっかく奮発して行った高級店で恥をかく訳にはいきません。普段からテーブルマナーについて学んでおけば困る事もありません。大切な食事の際に正しいマナーを知らず、もたもたしていたらせっかくの雰囲気が台無しです。特に高級店に行く時は、会社の接待やデートなどの大切な場ですから余計格好悪い所は見せられません。

また、詳しく語れるだけでも充分飲食業界で役に立つでしょう。資格を持っている方が良い証明になりますから、西洋料理テーブルマナー認定講師を持っているだけでも全然違うでしょう。

ただ、こちらは残念ながら素人には、受験資格が厳しく簡単には取得できません。基本的には、飲食業界向けの資格と考えた方が良いかもしれません。洋食店で働きたいと考えている人は絶対取っておいた方が良い洋食三本柱の資格ですね。働く方もマナーを心得ていなければ快適な洋食空間を織りなす事は出来ません。マナーは食べる側も提供する側も双方の側面から見て大切な事となります。取得して損は無いでしょう。

 

洋食資格を生かせる仕事

一口に洋食と言っても洋食の定義はとても幅広いです。

例えばカレーや海老フライも洋食の内に入りますが、これらは普段の食事にも出され、多くの主婦でも作る事が出来るでしょう。特にお子様に人気メニューだと思います。

しかし、本格的なフレンチやイタリアンとなるとやはりプロの手に掛からないと難しいです。果たして洋食の資格を活かせる仕事は、どのような仕事なのでしょう。

 

キャリアアップを目指すなら

どこのレストランに行ってもウェイターは必ず居ます。特に高級店ともなればウェイターのサービスもお店の評価に関わる重要な事です。お客様に快適な洋食空間を提供する為には、洋食の知識を幅広く持っている方が良いでしょう。お客様に何気ないアドバイスをする事で、お客様の会話を弾ませる事が出来ますし、お勧め料理を案内するのに食材の事まで詳しければより広く深く説明する事が出来ますね。

つまり、洋食エキスパートと健康西洋料理インストラクターを持っていればより高度なサービスをお客様に提供する事が出来るでしょう。この二つは、洋食のレシピ、道具、調理法、食材全てをマスターする基礎的な資格となっています。民間資格ですので、取得難易度もそんなに難しくありませんし、既に洋食レストランにお勤めの方であれば割と簡単に取得出来るでしょう。

また、どちらも在宅での受験ですので、働きながら隙間時間で勉強して行くのに丁度良いと思います。洋食の復習をするにも良い機会だと思います。ただし、技術的な資格と言う訳では無く、あくまでも知識的な面を学習する資格となっています。洋食レストランでの就職を考えているのであれば、持っておいた方がアピールポイントになる事は間違いありません。

また、もう一ランク上を目指すなら支配人レベルとして、西洋料理テーブルマナー認定講師を取得すると良いでしょう。

洋食の基礎+マナーも知っていれば管理職としてベストでしょう。洋食レストランで働く者として、かつ管理職としてやはりマナーを知っていなければ、上に立つ者として良い見本になりません。いざ部下に質問されても答えられないのでは、支配人としても面目が立ちません。

また、一般的なマナー教室の講師としても活躍する事が出来ます。一般マナーにも詳しくなれば自身でマナー教室を主宰する事も可能だと思います。より仕事の幅を広げられますね。こちらは元々受験資格が厳しく、飲食業界に関わっていない者はそもそも受験資格に該当しないので、飲食業界に働く人のキャリアアップに沿った資格となります。取得したい場合は、まず受験資格に該当するか事前に確認した方が良いでしょう。

 

幅広く活躍する為に!

洋食限定ではありませんが、やはり飲食業界で幅広く活躍する為には、調理師を取得するのがベストです。

最も飲食業界で必要とされている仕事ですし、こちらの資格だけでの就職も可能となっています。

この資格は国家資格ですが、一般的には調理師養成の専門学校を卒業すれば自動的に取得する事が出来ますのでそこまでハードルが高い訳ではありません。

また、専門の学校の卒業でなくとも、一定期間調理業務に携わる者であれば受験資格を得られます。

ただし、専門学校では洋食限定のコースを設けている場合も有りますが、多くは幅広い料理分野を学ぶ事になると思うのでより本格的に学びたい場合は、資格取得後洋食レストランでの修行が近道でしょう。修行する場合にも事前に調理の基礎は学んでおいた方が有利ですから、調理師資格を取得しておいた方が安心です。自分で腕を上げれば自分のお店を開く事も可能です。

また、店を開き、より料理を美味しく宣伝するにはフードスタイリストも持っていると良いでしょう。この資格を持っていれば自分の店を開いた時、自分の料理をどのように美味しく宣伝するかを自分で行えるので他人に任せるより、良い宣伝が行えます。

こちらは、1級から3級まであるので、まずは簡単なものから順に取得していくと良いでしょう。

フードスタイリストは動画撮影やカタログ撮影などで活躍出来るので、主に広告業界での活躍が可能となっています。また、インテリアコーディネーター等を持っていればより知識を深める事が出来ます。

また、技術次第では独立して仕事する事も出来るので、よりレベルを上げることができればさらに活躍の幅も広がるでしょう。

他の洋食の資格と組み合わせれば、マナー講師としての活躍も可能となります。

 

まとめ

洋食は、日本に伝わってから多くの年月を得て日本の国民食となりました。しかし、まだまだ知らない事が多いのが現状です。恐らくほとんどの方がそうだと思います。洋食の知識を深めるだけでも仕事の幅を広げる事が出来ますし、日常生活にも役に立つと思います。

国民食となった洋食の歴史、食材、道具、作り方等基本から学び、資格取得をして人生をより豊かにできるといいですね。